人材教育のお役立ち情報

意味のないOJTはもう終わり!担当者が知っておきたい指導のコツ

意味のないOJTはもう終わり!担当者が知っておきたい指導のコツ

現場に即した力を身に付けられるOJTは、多くの企業で取り入れられている研修方法のひとつですが、この研修が上手くいくかどうかは、その担当者にかかっています。

そこで、今回はOJT研修を成功させるコツをご紹介します。

多くの企業で実施されているOJT研修とは

OJT研修のOJTとは「Onthe JobTraining」の略語で、日々の業務の中で行う実践型の研修を指します。実施に当たっては、外部講師に依頼する場合と、社内トレーナーが行う場合があります。

社内トレーナーによるOJT研修では、担当者の指導が重要になってきます。日々の業務を問題なく遂行している人であっても、指導をする者として活躍できるかどうかは別問題なのです。そのため、OJTを成功させるには、トレーナーがしっかりと教育に関する知識や意識を持つことが大切です。

OJT研修のメリット

新しく配属された人に対しては、さまざまな研修を行う必要がありますが、一般的なマナー研修やセキュリティ研修などであれば、まとめて複数人を研修する方が効率的な場合が多いです。

しかし、日々の業務を遂行するために必要な知識や技術については、一対一でOJT研修を行う方が効果的でしょう。業務内容については、見たり聞いたりするだけよりも、現場で実務をこなしながらの方が、理解しやすいことが多いからです。加えて、特別に研修の場を設ける必要がないことから、研修費用を抑えることができます。

すなわち、OJT研修は、受ける側にとっては、業務の理解度を深められるというメリットがあり、会社側には研修費用を抑えられるというメリットがあるのです。

OJT研修をより効果的に行なうには

OJT研修の効果を最大限に出すためのポイントは、担当者が業務を直接教える前に、その業務の意味を教えるということです。仕事を教える際に大切なのは、ただ業務を遂行できるというだけでなく、理解した上で実践できるよう人材を育てるということです。

その業務がなぜ必要なのかを理解することで、自分で考えて業務を行えるようになったり、状況に応じた判断が可能になり、実務上でも応用ができるようになったりするでしょう。
また、OJT研修をする際、指導者は以下のことに気を付けてください。

後輩のことをよく観察する

OJT研修の担当者の仕事は、業務内容を教えることや、スキルアップをするためのアドバイスをすることだけではありません。基本的なビジネスマナーができているか、周囲と協力し合えるような関係を築けているかといった点にも注目し、後輩が社会人として一人前になれるよう、フォローをしていくことも大切です。

良いところを褒めて伸ばす

研修中は、良いところを見つけたら、褒めてあげることが大切です。褒められることで、モチベーションがアップするということはもちろん、もっと褒められるように頑張ろうと思えるようになるため、長所を伸ばすことに繋がります。

また、右も左も分からない状況で、悪いところばかりを指摘すると、本人が委縮してしまい、積極性を失わせてしまうかもしれません。研修中は悪いところを正すより、本人の良いところを伸ばそうと考えながら指導すると良いでしょう。

教える側にとっての研修でもあるOJT研修

OJT研修の担当者となった人が気を付けなくてはいけないのは、後輩は業務の意味を知らないということです。ひとつの業務を遂行するためには、いくつかのステップを踏むことになりますが、そのステップの意味を伝え忘れてしまうと、モチベーションが上がらなかったり、責任感が持てずミスをしてしまったりすることに繋がりかねません。

OJT研修の担当者が後輩に指導するときには、きちんと意味付けまでを考えた上で指導する必要があります。そしてこれは、担当者にとっても、今まで当たり前にこなしてきた業務を見直す良い機会にもなるでしょう。

今回はOJT研修の効果を引き出す為に、社内トレーナーの担当者に気を付けて頂きたいポイントを中心にご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

社内で取り組まれる際の参考となりましたら幸いです。

一方で社内トレーナーによるOJT研修を効果的にしようとすれば、それだけ担当者にかかる負担が大きくなってしまう事も事実です。その為、初めて取り組まれる際にはプロの講師に任せられるのもひとつの手です。

のべ全国1,500社・3万人のOJT実績をもつ当社では、様々なケースの研修を多く手掛けております。これを機に是非お気軽にご相談下さい。

この記事を読まれている方におすすめのプラン

● 管理者としての必要な考え方を座学+OJTで学ぶ「リーダーシップ開眼!「店長育成コース」