人材教育のお役立ち情報

お店の販売力強化のために行うべき取り組み

お店の販売力強化のために行うべき取り組み

お店の販売力を強化することは、売上を上げることや、お客様との良好な関係を築くことに繋がると言われています。

そして、販売力を強化するためには、販売員の意識の向上や接客に関するスキルが不可欠です。

今回は、お店の販売力強化についてご説明します。

販売力を上げるための5つのステップ

販売力を上げるためには、以下の5つのステップがあります。より効率的に販売ができるよう、この5つのステップを意識するようにしましょう。

1.アプローチ

ターゲットとなるお客様に、興味を持ってもらう

2.ヒアリング

お客様のことについて質問し、販売員が理解する

3.プレゼンテーション

販売員が自社の商品やサービスについて提案し、お客様に理解してもらう

4.クロージング

話した内容について振り返り、お客様に購入を決めてもらう

5.アフタークロージング

アフターフォローによって、お客様の信頼を獲得し営業の幅を広げる

ただし、クロージングはそのときにお客様が話している内容や反応などに合わせて、臨機応変に対応することが大切です。そのため、実際にはこのプロセスは必ずしも一方通行で進むものではありません。プレゼンテーションに移った後、ヒアリングに戻ることもありますし、クロージングをした後、ヒアリングやプレゼンテーションに戻る場合もあるでしょう。

販売力を強化して築くお客様との良好な関係

販売力を強化することは、クレームを未然に防ぐことにも役立ちます。クレームには、商品そのものに原因があることもありますが、誤った接客サービスによって、お客様を不快にさせてしまうこともあります。

このようなシーンにおける対応についても、販売力を身に着けている人であれば、代案を出すなどして最終的な売上に結びつけることも可能でしょう。しかし、販売力のない場合、お客様との関係をさらに悪化させてしまうかもしれません。お客様と良好な関係を築くためにも、販売力を強化するようにしましょう。

販売力を強化するために行う取り組み

セールストークや接遇・マナーの質を向上させるためには、ロールプレイングが役立ちます。販売力を身に着けるためには、接客に関する知識をただ頭に詰め込むだけではなく、実際の場面を想定したトレーニングを重ねることが大切です。

また、複数人の販売員を抱えている場合、販売員同士のチームワークにも目を向ける必要があります。店舗で売上目標を掲げている場合、それに向けて販売員が協力し合うのが理想ですが、チームワークが悪いと、お客様の情報を共有できずに販売チャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

良好なチームワークを実践するためには、販売員同士で話し合いながら接客に関するルールを作ったり、日頃から販売員同士がコミュニケーションを取る場を設けたりすることをおすすめします。

販売力を強化させるためには、接客の見直しやロールプレイングなどを用いたトレーニングが効果的です。売上向上やクレーム処理の手立てになることもあるので、一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

当社では様々な業種の接客のプロ70名の講師が在籍して、貴社の業種や課題に特化した実践的な研修プログラムをご用意しております。販売力の強化でお悩みの方は、是非当社までご相談ください。

この記事を読まれている方におすすめのプラン

● 売上に直結するマナー・接遇を身につける「課題克服!〇〇力強化コース」

● 具体的な改善指導で即結果につながる「覆面調査付 現場支援研修」