人材教育のお役立ち情報

ショールームで顧客満足に繋がる接客接遇とは

ショールームで顧客満足に繋がる接客接遇とは

ショールームにおける顧客満足は、スタッフの接客応対に大きく左右されます。ショールームに足を運んでくださったお客様にリピーターになっていただくためには、スタッフの接客レベルを上げることも大切です。

ここでは、ショールームでの接客方法とその重要性についてご紹介します。

ショールームで接客が重要な理由

ショールームでの接客スタッフの役割は、営業的な要素を含んでいます。ショールームでは、お客様に商品を手に取ってもらい、実際にご利用していただいたり、触れていただいたりしますが、この際に商品に興味を持たれた方であれば、購入後の商品の使い勝手や設置場所などをイメージされることと思います。そして、このときに活躍するのがショールームのスタッフです。

ショールームのスタッフは、豊富な商品知識によってお客様のイメージと商品を引き合わせる役割を担っています。ただし、うまく引き合わせることができても、接客態度に問題があれば大切なお客様を逃してしまうかもしれません。

そのため、ショールームで接客をするスタッフは、豊富な商品知識を持つことはもちろん、お客様に快適に過ごしていただける丁寧な応対も欠かせないと言えるでしょう。

ショールームでの接客の基本

ショールームにおける接客では、次のようなことが基本となります。

・タイミングの良い挨拶

「いらっしゃいませ」という来店時の挨拶は歓迎の意味も含んでおり、特に初めて来店されるお客様の不安を取り払うことが期待できます。また、来店時以外でも挨拶をしなかったり、お客様に聞こえていなかったりすると、お客様に不快感を与えてしまい、クレームにも繋がる恐れがあるので気を付けましょう。

・お客様の声をしっかり聴く

ショールームでは、お客様と商品の架け橋をする必要があることから、まずはお客様の希望や現状の不満をヒアリングすることが大切です。このとき、お客様もスタッフに伝えたいことや質問したいことを持っているかもしれないので、それをうまく引き出すように心掛けましょう。

また、ショールームでは、お客様とスタッフの距離が近いことから、頭髪や服装にも気を配ることが大切です。

ショールームで顧客満足度を上げるコツ

基本的な接客を確実に実行することで、次の課題が見えてきます。例えば、お客様が今使用している製品に不満を持っていることから、新たな製品購入するためにショールームにお越しいただいたのであれば、お客様の不満に対して共感することが必要です。そして、その不満を解消できるような商品を提案するという流れを作ることも重要となります。

ショールームで顧客満足度を上げるためには、お客様に信頼していただくことが近道です。そのため、商品の品質やデザインなどの要素ももちろん大切ですが、接客のスキルもアップできるよう心掛けたほうが良いでしょう。

ショールームで顧客満足に繋がる接客を行うためには、お客様目線に立った接客や接遇をすることが大切です。そのためには、ショールームのスタッフに対し、接客について学べる外部研修を行うと良いでしょう。研修を実施の際には、経験が豊富な当社にぜひご相談ください。

この記事を読まれている方におすすめのプラン

● 売上に直結するマナー・接遇を身につける「課題克服!〇〇力強化コース」

● 具体的な改善指導で即結果につながる「覆面調査付 現場支援研修」