研修ラインナップ

 

目標管理実践研修 「心と頭を整理するBSC (バランススコアカード)」研修

ねらい・概要

  • 目標管理制度の基本的な目的について理解していただく。
  • 同制度の運用=部下の育成が管理者にとっての重要な役割であることを再認識していただく。
  • 目標管理の具体的な進め方(目標の設定→進捗管理→最終評価→次期の目標)を再確認していただき、PDCAをしっかり回す習慣を職場全体に根づかせる。

プログラム例

テーマ
内容
【1日間の場合】
目標管理の目的と、陥りやすい過ち
<講義>

1、目標管理は何のためにあるのか
①組織目標と個人目標の統合
②チャレンジする風土づくりと人材育成
③一人一人が自分でPDCAを回す習慣づけ

 

2、目標管理制度がうまくいかない様々な事例
①目標設定~進捗管理~最終評価は正しく機能しているか
②単なる定常業務、維持管理業務が目標になっていないか
③結局、管理者の運用に起因することが多い

正しい目標設定のあり方
<講義・演習>

1、目標設定のための準備
①会社方針の再確認
②部門を取巻く環境分析→部門目標の設定
③個々のメンバーの役割、能力の把握

 

2、目標の設定
①部下との目標面接→昨年の成果と反省
②今期取り組む課題の明確化と絞込み
③目標は具体的か、達成レベルは明確か
④個々の目標の難易度評価、ウエイトづけ
⑤チャレンジ目標への動機づけの仕方

進捗管理の正しい進め方
<講義・演習>

①差異の分析と軌道修正
②未達の場合の原因追求が「要」である
③部下への支援はどのように行うのか
④中間面接の具体的な進め方

最終評価と次期の目標設定
<講義・ロールプレイング>

①達成度の評価は適切か
②部下とのフィードバック面接はこう進める。
③成果と反省の振り返りから次期の目標設定につながる。
④部下の能力開発目標を併せて設定する。

御社の目標管理制度の運用状況を踏まえ、最適なプログラムを提案いたします。

 

※御社の目標管理シートをそのまま教材として、「書き方」まで指導することが可能です。

料金について

人材育成サービスの講師派遣の目安としてご参考にしてください

トゥルースへのご相談

電話:0120-987-286

東京 03-6455-5015
 大阪 06-6261-8820 
受付時間 10:00〜19:00(土日祝除く)

メールでのお問い合わせはこちら
ページトップ
Top